読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHDとLD

ADHDとLDをもっと知りたくて作りました」

LDとADHDは違うのか?

 重なる部分もあるが、厳密には異なります。

 

 ADHD(注意欠落/多動性障害)

注意力に関する特徴と、多動性に関する特徴があります。

 

注意力に関する特徴

・不注意が多い

・話しかけられても、聞いていないように見える

・注意が続かない

・義務をやりとげられない

・順序を理解できない

・精神的な努力を要することを嫌う

・必要なものをよくなくす

・外部からの刺激に気が散りやすい

・毎日の課題を忘れてしまう

 

 

多動性に関する特徴

・手足をソワソワと動かしたり、もじもじする

・座っているときにすぐに立ち上がる

・余計に走り回る

・じっどしていない

・静かに遊ぶことができない

・しゃべりすぎる

・質問が終わるのを待てずにしゃべり始める

・順番を待てない

・他人の邪魔をする

 

 

高機能自閉症自閉症で、かつ、知的な遅れがないタイプ)

・対人関係に障害がある

・言葉の使い方、表情に困難がある

・こだわりや興味のあり方がかたよっている

・視覚や聴覚、嗅覚などが敏感なことが多い

 

 

 ADHDはおとなしいLDとして見落とされがちです。このような子どもは目立ちにくく、問題の発見が遅れる恐れがあります。

 

 

 行動に問題が少ないと見落とされやすい

 

 LDのタイプや、困難の程度はさまざまですが、「わからない」と周囲に伝えずに、おとなしく授業をやりすごす習慣がついていると、周囲がLDであることに気づかないという二次的な問題が出てきます。